住んでいる都道府県では利用できないルール

初心者マークを持つ人

自動車やバイクの免許を短時間で取得したいときに、利用すべきなのが、泊まり込みで取得を目指せる合宿免許というサービスです。本来ならば数ヶ月かかってもおかしくはない普通の自動車の免許ですら、半月程度で取得できるので短時間でゲットしたい方にはもってこいのサービスでしょう。ただし、自身が住んでいる都道府県で提供されている合宿免許は利用できないというルールがあるので、それだけは気をつけましょう。つまり、近場に合宿免許を利用できるところがあったとしても、ルールに引っかかってしまい、そちらと契約することはできません。利用したい場合は住んでいる都道府県から出て、ほかの都道府県にある合宿免許を活用することにしましょう。

どこでも選び放題

免許証

合宿免許を利用する場合、住んでいる都道府県外というルールさえ守れば、どこにあったとしても活用できます。つまり、沖縄でも北海道でも選び放題なので、好みに合わせて選択するのもよいでしょう。いろいろなプランが合宿免許には用意されていますが、そこには観光が含まれている場合もあります。従って、免許の取得を目指しながら、有名な観光地を巡ることだって可能なのです。どのようなプランなのかは、合宿免許を提供してくれる教習所のホームページに書いているので観光に興味があるならリサーチしてみましょう。もちろん、メインは免許の取得なので、無理のないスケジュールなのか調べることも大切です。

安く利用する方法

女性

取得するまでの費用が安いことが理由で、合宿免許を利用する方もいるはずです。もしも、普通でも安い合宿免許の費用を、もっと安くして得をしたいと考えるなら参加する時期を選びましょう。合宿免許のサービスは一年中提供されていて、混む時期と混まない時期が明確に存在しています。混まない時期を選ぶと驚くほど安くなるケースがあるので、得をしたいならチェックすることをおすすめします。同じ教習所で提供される合宿免許のプランなのに、数万円違うこともざらなので調べなければ損をしてしまいます。なお、安さを求める場合は、教習所にアクセスするための交通費もしっかりと計算に入れておきましょう。住んでいる都道府県以外のところに通うことになるのですから、それなりに交通費がかかってしまいます。安い合宿費用だと考えて契約をしてから、交通費がかなりかかることが分かっては損をしてしまうので、往復の料金も調べておくことを強くおすすめします。

広告募集中