HOME>特集>小型船の免許は利用や活用の目的に合わせて選べる

エンジンが付いた船の操縦には免許が必要

海や川あるいは湖などでエンジンが付いた船を操縦するには、たとえ小型のものであっても船舶免許が必要になります。漁船や旅客船といった業務目的の船舶は言うまでもなく、マリンレジャーや釣りなどで利用する場合も同様です。これにはボートやクルーザーはもちろんのこと、ヨットや水上バイクについてもあてはまります。

海上や水上でのレジャーの充実に欠かせない

通称でボート免許と呼ばれることもある船舶免許ですが、正式な名称は「小型船舶操縦免許」という国家資格です。船舶免許は仕事で必要な人だけでなく、海上や水上でのレジャーを充実させたい個人にとっても欠かすことのできないものだといえるでしょう。

小型船の免許には3つの区分がある

船舶免許には1級・2級・特殊と3つの区分があります。1級は総トン数20トン未満か条件を満たす全長24m未満の船の操縦が可能で、この免許だけで100海里以内の航行ができる免許です。2級は船の大きさの条件については1級と同じですが、航行範囲が5海里までに限定されます。ただし1・2級だけでは水上オートバイの操縦は不可能で、別途特殊免許を取得する必要があります。

広告募集中